お知らせ

平成30年度 戸田わかくさ会 公開研修(実施報告)

 

公開研修「誰もが幸せに暮らせるまちづくり」

~障害のある仲間が豊かに生きていくために~

 

 平成30年9月1日(土)戸田市文化会館にて公開研修を開催

 

しました。

 

  一人ひとりが認め合い支えあえるまちづくりを考えていきたいと

 

 いうことで、今年度は社会福祉法人みぬま福祉会総合施設長の松本哲氏

 

 をお招きし、「地域に根差す」とは、「その中で一人ひとりが自分

 

 らしく暮らす」とはどういうことかを、太陽の家での実践やこれまで

 

 ご自身の経験を基にご講演いただきました。

 

  当日は、98名の方の参加があり、一般の方を含め、市議会議員、

 

 行政関係者、教員、福祉関係者など多方面からたくさんの方が参加して

 

 くださり、「障害のある方と接する際の気持ちを教わりました」「人を

 

 認める大切さこそ、地域を形成する基礎となることが分かりました」

 

 などの感想を頂いております。

 

 講演では、みぬま福祉会のあゆみと共に、「自立」についてのお話の

 

中では、「『出来る・出来ない』ではなくその人が社会との関わりの

 

中で経験を積み成長していく経過である。自分で立ち、自分らしく

 

立ち、そして支えあいながら自分たちで立っていく。」と触れられて

 

いました。他にも「親とは別の大切な人と出会った時に人は成長する。

 

私たちは、出会いに責任をもつ必要がある。」「人は許容しあって

 

生きることが出来る」…数々の困難と向き合いながら変化や楽しさも

 

実感されてきたからこそ出た言葉ではないかと思います。

 

 障害を抱える人にとって厳しい時代もあったと思います。しかし、

 

周囲の理解を得るために家族や職員がひとつになり、丁寧に取り組みを

 

積み重ねてきたことが「太陽の家がやる事であれば、協力するよ」と

 

いう地域住民からの言葉になり、今のみぬま福祉会の礎と信頼になって

 

いると感じました。このお話は、地域の中で施設が当たり前に存在して

 

いる意味を改めて考える良い機会になり、戸田わかくさ会としても

 

「地域の中での施設づくり」を考えていくヒントをたくさん頂き

 

ました。

 

 

 

 

 

 

 

戸田わかくさ会法人化10周年記念事業の実施(平成26年11月20日)

■ 記念式典の様子

 平成26年11月15日(土) 9時半から法人化10周年記念式典を開催いたし

 

ました。

 

 横山理事長のあいさつに始まり、竹嶋統括施設長より法人の設立経過を行い

 

ました。そして、法人の活動に協力を頂いた町会長様やボランティアの方への感

 

謝状の贈呈を行いました。

 

 各事業所からの代表利用者3名からのお礼の言葉と『ありがとう』と題してビデ

 

オレターの上映を行いました。

 

 戸田市長 神保様をはじめ、戸田市市議会議長 山崎様、戸田市社会福祉協

 

議会会長 永井様、他多数の方のご来賓を賜りましてありがとうございました。

 

 ご来場頂いた多くの方に支えられて、戸田わかくさ会は今まで歩んできたこと

 

を改めて感じました。

 

 

  

    ■ 横山理事長のあいさつの様子       ■ 戸田市長神保様からの祝辞

 

 

 

                   ■ 式典の様子

 

 

 

■ 講演会の様子

社会福祉法人戸田わかくさ会法人化10周年記念講演会として、平成26年11月15日(土)11時半より、「一人ひとりが豊かに暮らすために  ~障害者の自立と地域づくり~ 」と題して、愛知淑徳大学社会貢献学部 谷口明広教授の講演会を開催いたしました。

  

  

                        ■ 谷口先生

 

 

  

     ■ 公演中の様子                   ■会場の様子

 

 

 

 

 

 

平成24年度福祉実践報告会が開催されました

 511日(土)に実践報告会が開催されました。これは、毎年

 

かくさ会の常勤職員全員が、それぞれの目標に沿って1年間取

 

り組んだ実践を実践報告書としてまとめ、各事業所から1件ずつ

 

報告を行うものです。平成20年度から始まり今回で5回目となり

 

ました。

 

 

 

 

 

 今回は6事業所から4件~作業工程の見直し、情報共有の改

 

善、就労支援、3事業所が連携して取り組んだ地域生活支援と多

 

彩な内容の報告がありました。

 

 

 

 

 今年度もわかくさ会職員一同、新たな目標に向かって取り組ん

 

いきたいと思います。

 

 

 

 

平成24年度地域福祉祭りに参加しました

 10月21日(日)、ボートレース戸田にて地域福祉祭りが開催され

 

ました。ラーメンやカレー、焼きそばなどの模擬店のほか、ステージで

 

は、ハンドベルやダンス、合唱などが披露され、大変盛り上がりました。

 

 戸田わかくさ会からは、ゆうゆうとかがやきが参加しました。ゆうゆう

 

はどら焼き販売のブースを出店し、かがやきはエコステーション(リサイ

 

クル品の回収所)を開設しました。

 

 

                  

 

 

 エコステーションは、かがやきの利用者7名が午前チームと午後チーム

 

に分かれて担当しました。リサイクル品(ペットボトルやペットボトルの

 

キャップなど)を持ってきてくださった方には、ボックスティッシュをお

 

渡ししました。

 

 

        

 

 

 9:00~16:00の7時間で、ペットボトル3.9kg、キャップ

 

3.6kgを回収することができました。今回回収されたリサイクル品は、ビ

 

ニールの買い物袋やワクチンなどに姿を変え、各地で活躍することになり

 

ます。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 

  

             

 

 

新任職員座談会

平成24年6月27日に新任職員座談会を行いました。

 

参加者は統括施設長、事務長と新卒の職員4名で4月からの日頃の

 

思いを話し合いました。

 

 

 

 

新任の職員からは、以下のような声がありました。

 

「利用者との会話が増えてきた。仕事が楽しくなってきた。」

 

「学生時の実習ではわからなかったが、働く中で利用者主体につ

 

て考えた。」

 

「職員だけではなく、バート職員にも、やさしく教えてもらっ

 

た。」

 

 

 

 事務長より、参考文献をたくさん読み、研修にも積極的に参加

 

て、知識と技術を身に着けて、先輩職員を追い越す気持ちで

 

取り組んでほしいとの話がありました。

 

 

統括施設長からは、法人の取り組みとして不足している点もある

 

、皆さんと一緒に考え、行動するチャンスがあると理解すると

 

元気が出てきます。仕事を前向きに考えて欲しいとの話がありま

 

した。

 

また、今後、期待することとして、利用者にしっかりと向き合い

 

がら、自分を成長させてほしい。私たちが一生懸命、福祉の仕

 

事に取り組むことで住みやすい地域社会をつくることができま

 

す。

 

 皆さんが日々、取り組んでいる利用者支援は法人の目指してい

 

目標に確実につながっています。誇りと自信をもって取り組ん

 

で欲しいとの話がありました。

 

 

 

 

 

平成24年度新新任職員辞令交付式

平成2442日に新任職員辞令交付式が行われ6名(男性2

 

名、女性4名)一人ひとりに横山理事長より辞令が交付されまし

 

た。

 

 

 

 

新たな職員も加わり今年度のスタートです。

 

職員一同、より良い法人運営、利用者支援を目指して頑張ってい

 

きたいと思います!!