スタッフインタビュー

戸田わかくさ会ではたらく職員の声をご紹介します

先輩職員インタビュー① 福祉作業所かがやき H支援員

入職 平成26年12月

前職 インターネットサービス会社の

お客様対応

趣味 サッカー観戦

★入職のきっかけは?

求職中に勧められて受けた介護の研修が、福祉との出会いです。それまで好きなように生きてきたので、この先は誰かの役に立つ生き方をしたいと思いました。わかくさ会のことは、研修中に「未経験でも勉強しながら成長できる法人」と紹介され、興味を持ちました。


★現在の仕事の内容は?

障害があってもその人らしく働けるようお手伝いします。

具体的には公共施設の清掃、タオルたたみなどの作業があります。手順をいっしょに確認したり、体調を見ながら水分補給の声かけをしたりします。

ご本人と話し合って作った個別支援計画に沿って、働く自信を得られるような作業の割り振り・声かけ・振り返りを心がけています。


★仕事でやりがいを感じるのはどんなとき?

利用者さんの変化に気付いたときです。

人見知りが強く、作業に疲れたことが言えず泣いてしまう利用者さんがいましたが、挨拶の声をかけ続け、本人の好きな話題に触れたりして信頼関係構築に努めました。また、本人の体力に合わせて作業量を調整しました。やがて、少しずつ「疲れた」「わからない。おしえて」などと気持ちを言葉で伝えてくれるようになりました。作業への取り組みも積極的になり、任せられる仕事が広がっています。


★今後の目標は?

就職を目指す利用者さんの目標達成を、いっしょに喜びたいです。


★メッセージ

戸田わかくさ会は研修の機会が多く、福祉の仕事が初めてでも大丈夫です。大事なのは「人が好き」なこと。それ以外は経験の中で身につきます。

先輩もやさしくおしえてくれますよ!


~ある日のスケジュール

8:30出勤・朝礼
10:00作業支援 戸田駅前清掃。
ゴミを拾い残さない・歩行者のじゃまにならない・時間内に終えるなどを意識できるよう声かけします。用具の準備・片付けも利用者さんが行います。
12:00休憩
13:00生活講座
就職を目指す利用者さん向けの講座。身だしなみ・マナー・健康管理など。なぜ必要か一緒に考えることを大切にします。
16:00利用者さん終礼・退所
この後は、支援記録入力や、作業受注先への請求書作成など。
17:15 退勤
ケース会議などで残業になることもあります。



先輩職員インタビュー② わかくさ N支援員

入職 平成28年4月

出身校 埼玉福祉・保育専門学校

社会福祉士科

休日の楽しみ 友達とのおしゃべり

★入職のきっかけは?

障害を持つ家族がいるので、福祉の仕事は身近でした。就職活動では他の法人も見ましたが、わかくさ会との相性の良さを感じたので入職しました。作業所の明るい雰囲気も印象的でした。


★現在の仕事の内容は?

障害ある方の作業支援です。わかくさは生活介護と就労継続支援B型を併設する作業所で、いずれでも利用者さんが毎日働いています。

例えばおしぼりたたみ、駅前清掃、野菜販売などです。野菜販売では、姉妹都市の美里町で採れた野菜を作業所内や公共施設で販売します。

袋詰め、ちらし配り、レジ打ちなどを、利用者さんが中心となってやっています。得意なことやその日のコンディションなどを考えてお願いする作業を決めたり、達成感を感じられるような声かけを心がけています。


★仕事でやりがいを感じるのはどんなとき?

利用者さんの新たな力を発見したときです。

ちらし配りの人手が足りない日、ある利用者さんに初めて配ってもらいました。普段は作業へ集中する時間が短い方ですが、その日は写真を見ながら一緒に手順を確認し、マンション一棟配ったら休憩を取るようにしたところ、落ち着いてやり遂げることができました。「色々な仕事を経験し活動の幅を広げる」というご本人の目標に近づいた感じがしました。

★今後の目標は?

利用者さんご本人はもちろん、ご家族からも信頼される職員になりたいです。


★メッセージ

わからないことや悩むことを相談しやすい職場だと思います。福祉の勉強をされた方にとっては、学んだことを活かす場がありますよ!


~ある日のスケジュール

8:30出勤・朝礼
10:00作業支援 
おしぼりをたたむ作業。「きれいにできるようになりましたね」など声をかけながら、納品の時間に間に合うように進行を見守ります。
12:00休憩
13:00作業支援 
この日は工賃支給日。作業の終わりに、利用者さん一人ひとりに声をかけて渡します。
15:00自治会
月2回、利用者さん全員で自治会を開きます。作業のルール作りや、日帰り旅行の行き先などを話し合います。
16:00利用者さん終礼・退所
送迎車に乗る方やお迎えのある方には声をかけ、一人で帰る方も見送ります。夕方のケース会議までの時間に作業着の洗濯、作業場の片づけ、支援記録入力などをします。
17:15 退勤



先輩職員インタビュー③ 障害者生活支援センターわかばNコーディネーター(相談員)

入職 平成28年4月

前職 出版社の営業事務職

夢 旅先でのドライブ(運転のほうも「わかば」なので…)

★入職のきっかけは?

前職は介護離職しましたが、介護の悩みを専門職の方に相談することで、先のことを考えられるようになりました。社会復帰を考えたとき、私もそのように人の役に立ちたいと思ったのがきっかけです。

たまたま近所のわかくさを見学したときに、利用者さん皆さんの個性に惹かれ、このままここで働いてみたいと思いました。


★現在の仕事の内容は?

困りごとのある方からお話をうかがい、その方らしい暮らしの実現に向けて、できることを一緒に考えていく仕事です。

内容は健康・お金・人間関係・住まいなど多岐にわたります。一緒に気持ちを整理したり、社会資源の利用につなげたりします。必要に応じて就労支援センターなどの他機関と連携することもあります。

その他に、将来の暮らしを考えるきっかけ作りとして、ご家族向けの勉強会を企画したり、日中の居場所作りといった取り組みも行っています。


★仕事でやりがいを感じるのはどんなとき?

「つなぐ」ことができたときです。

ヘルパーなどのサービス利用につなぐだけでなく、企画したイベントで参加した方同士が情報交換したり、支援会議で初めて支援者が集まるような場面もそうです。しかし支援としてはそこからが大事かもしれません。


★今後の目標は?

わかばの先輩方のように、相談する方の気持ちに寄り添いつつ、しっかりと支援の組み立てができるようになりたいです。


★メッセージ

誰かの生活を支えるという重みのある仕事ですが、やりがいは充分です。日頃から相談しやすい雰囲気があるので、経験にこだわらず、色々な方にチャレンジして頂きたいです。


~ある日のスケジュール

8:30出勤・朝礼
10:00勉強会打合せ
テーマや日程、役割分担を話し合います。法人内の職員が、部署の垣根を越えて参加しています。
11:30電話相談
精神科病院の相談員さんから「ある患者さんの退院後の生活の準備を、一緒に考えてもらいたい」と相談がありました。概要をうかがい、病院訪問の日程調整をしました。
12:00休憩
13:00訪問
この日は重度(寝たきり)の方を訪問し、ご本人の希望に応じて一緒に音楽を聴いたり、お話をしました。楽しい時間を共有しつつ、ご本人の意思決定を支えるつもりで関わっています。
16:00訪問
学校を休みがちなお子さんのことで、お母さんからの相談。市(こども家庭課)の相談員さんも同行します。
17:15 退勤
お勤めしている方からこの時間帯に相談が入ることも。その場合はちょっぴり残業です。